ブログは夢の実現帳!

今季の授業では、

Introduction of Creative Writingというものをとっていて 

だいたい、このことをひとにいうと

ミドリ小説家になるの?!とか聞かれるけども(悪くない(笑))

Creative Writingにも、小説とか詩とか児童文学とかいろいろあるみたいで、

こっちでジャーナリズム専攻している私は

教授にレポーティングの練習もかねてとってみたらどうかとすすめられて

”Nonfiction-Creatie Writing”のコースをとってみることにしました。

 

ノンフィクションを書く能力を養うことが目的なので、毎週いろんな作家のエッセイを読んで、その感想文と、テーマに沿って自分で書いたものをソレ専用の掲示板に投稿、

コメントを書き込みあってフィードバックを受けるというものなのだが

 オンラインでおもしろいじゃんとかおもったのもつかの間、

コメントを追うのにも一苦労(よくわかんない言葉使うなw)

オンラインとはいえ期限短すぎ(涙)w

 

ってなかんじで人生甘くなく、

たぶんネイティブの人の10倍ぐらい時間かけて(トンチンカンなコメントとかしちゃってるかもしれない)なんとか毎週がんばってかいていたものの

今週はついに自分のおよそ8ページ、2000ワード(文字じゃないよお)

のパーソナルエッセイの下書きを提出の日だったので

ちょいと本気出してやろうと思って自分のことをいろいろ思い出してみました。

 

−−

 

私は小さいころから将来の夢はなんだとか、何っ回も聞かれたけれど、

なにになりたいと思っていても自信がなく、いつも適当におもいついたことか、わかんないとか答えていて、

 

そしてきちんと答えられる人はいまから準備できていいなあと思っていたし、自分もちょっと決めないとなんかわかんないけどヤバいんじゃないかとあせってばかりいた。

 

 

(ちなみに幼稚園の時は美容師かようちえんの先生、中学校のときはダンサーか翻訳家、高校のときは通訳かキュレーターになりたかった)

 

なのでとりあえず、それまでの夢はアメリカに留学するってことにして

 

でも運よくその留学にいけて、留学がきまるまでの1年を通して結構ほんとの将来の夢が決まったので、あとはそれにむかってがんばるのみではあるのですが。。。。

 

ここまで書いておいて、まだ人にいうのは恥ずかしいけどw

 

 

実は唐突にブログを始めたのも、まあ実はその第一歩だったりします。

 

 そんなことを考えてたら、このごろ、

 

私の読んでいるブログの1つであり、

一度機会があってお会いした都議会委員の音喜多駿さん

のブログに、有名ブロガーそして個人的にファンである

はあちゅうさんが登場していて、
こんなことを書かれていたのでびっくり。

 

ブログは夢の実現帳?!「はあちゅう」という生き方 | みんなの党 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

 

 

女子大生のころ、人気ブロガーの立場を生かして

スポンサーを募って卒業旅行に世界一周したり、

それ以外にも様々な企画を(クリスマスまでに彼氏作るプロジェクトとか)を
ブログでかなえてきたはあちゅうさん

はあちゅう主義。

伊藤春香 (編集者 - Wikipedia

 

こんな人です。

 

私は、いろんなことが好きだし、それなりになんでもやってきたけれど、

やっぱりそれなりで、人よりも上手なこととかがなにもないです。しかし、

 

自分のとりえは、自分で作らなきゃだめなんですね。

 

Amazon.co.jp: 自分の強みをつくる “なりたい自分”を“自分”にしちゃえ。 (U25 Survival Manual Series) eBook: 伊藤春香(はあちゅう): Kindleストア

 

Amazon.co.jp: わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?: 伊藤春香(はあちゅう): 本

 

個人的に(いろいろ突き詰めて考えると、

私の思考が甘いのはすごくよくわかっているけれど)

 

やりかたさえあってれば夢はきっとかなうはずだと思います。

 

どんな夢でも、かなわないのはたぶん、

やりかた(どうしようもないこともあるけど)が違うのではないかと思います。

アスリートになりたい、歌手になりたくてもなれないのは

きっと、その、「やりかた」に含まれるどうしようもない部分が(才能とか)

ちがうんじゃないかなあと思うし、

でも、生きている限り違うやりかたで

それに携わる仕事とか、

近い職業とかにつくことができるかもしれない。

だから夢とか目標は

言う分には無茶っぽくてもいいんじゃないか…?

なんて思うし、簡単にひとの言うことを否定しちゃダメだなって、少し前から思うようになりました。

 

それで、先にも書いた通り今週は自分に関するエッセイということで

とことん自分のことを思い出して下書きをしていて気付いたけど、私は、

小学校の文集にも書いたぐらいアメリカに留学することが夢でした。

 

そして、運よく高校と大学に行けて両親を説得して、

英語と学校の勉強をして、大学に認定をもらうというやりかたがちゃんとあって、

それは今思うと当時思っていたよりも大したことじゃないけれど、高校時代

あきれるぐらい勉強をしなかった自分にとってはチャレンジだったし、

その夢をクリアするために、まじめに勉強することで発見があったり、

なんもとりえがないと思っていた自分に

ちょっぴりの自信がついたりもしました。

 

で、はあちゅうさんおときたさんの言葉をかりて、

まとめると、大事なのは(ときには恥を忍んで)

声にだして、発信して、ときどき厳しい外からの刺激を受けて、

夢に近づくためにたりないものを探すことかな?って思いました。

 

このブログもジャーナリストになるっていう(言っちゃった☆)

夢がかなうまでの実現帳になればいいなあ。

 

こんなことは、叶えてから言えよって思うけど、別に言っても失うものなんて今の時点で、そんなにないんですね。

 

かっこ良く見せようとしても、だめな自分も自分であって笑 

あとで見返したらはずかしくてけしちゃうかな?

 

とりあえずはじめての留学生活の記録、ってことで

発信する練習をがんばります☺

ライティングの話から、長いw