かっこ悪い

かっこ悪いことに、

今日は初めてバレエの授業スキップしちまいました・・・今日はバレエ用語の解説とか言ってたので、気が抜けていたため、起きたら11時でした。

 

なんてことだ・・・orz

 

まあ気を取り直してシャワーを浴び、

向かったスピーキングの授業で公用語について話し合い、

日本とアメリカはそれぞれ日本語と英語が法律上の公用語じゃないらしく、

いや実際そんなんマユツバだよなあとおもいつつ適当に終わらせて、

ニュースリテラシーの授業でもやっぱりディスカッションで、この記事は偏ってるとかどっからのニュースソースが信じられるかとかそんな話をしているうちに終わりました。(大幅に省略しています)

 

で、ぼちぼち、いろいろ書いたりしていたのですが

英語のレジュメを一回書き上げるたびになんだか強くなった気がします。

 

 

今日はなんとなくテイラーのこればっかり聞いてました。

 

わたしはいつかおっきな街に住んで、

ビッグになって、あなたには倒せなくなってやるから、

ずっとイジワルのままでいな!

 

ってところの訳になるのかな?

モンタナ民の女の子が歌ったら、イメージ通りでかわいいかもね。

 

"Someday I'll be living in a big ole city & all you are ever gonna be is mean, someday I'll be big enough so you can't hit me" 

- Taylor Swift (Mean)

 

 

 

Why do we insist on English?

 

授業でこのビデオを見た。

Patricia Ryan: Don't insist on English! | Transcript | TED.com

 

アメリカに留学して、また日本にいたとしても、英語ができるということ=チャンスを開いてくれることであり、かりに能力が等しく、またはアメリカ人の相手が劣っていても、英語が堪能なネイティブの学生がどうしても優れてみえたり、へりくだっている日本人も何人も見たことがある。

 

とくに私たち日本人には、歴史的なことが原因か、その傾向が強いのではないだろうか。

しかし、本当に英語ができるということは人間として優れているということに直結するのだろうか。英語能力の差によって個人そのものの能力をはかるようなことははたして正しいのか。スピーチで彼女はこのように述べている。

 

I love it that we have a global language. We need one today more than ever. But I am against using it as a barrier. 

 

特にこのスピーチのなかでは、トップスクールなどに代表されるように、世界のすぐれた高等教育機関が英語圏に集中しているために、英語圏以外の者たちはその言語能力による足きりが、優れた人材を養成できないということを示唆しており、さらに彼女は英語だけでない言語の多様性を重んじるべきだというようなことを続けた。

 

彼女が例として出している、アインシュタインはどうかわからないが、国際的に通用するほどの能力をもったひとは、語学や英語の勉強にも秀でているという人が多いだろうし、単純に学術結果をまとめたり効率化するためにも英語という共通語とは必要だとは思う。

 

 

しかし、おおむねこの人の言っている、英語(語学)能力と人間そのものの能力はイコールではないということ、そして高額なTOEFLをはじめとする、英語(語学)教育にかけられるお金がその人の未来を決めることに対する疑問に関しては、とてもうなずける。

 

もちろん、彼女が提案するように、言語をリスペクトすることに重きをおいて、何か国語もを用いて学術研究をすることの非効率的さ、および、能力をはかるうえで高い外国語能力をもつということはひとつの大きな尺度である、ということは間違いない。

 

さらには、外国や他の言葉にたまたま興味がなかったり、好きでなかったり、なんとなくもしくは強く自分の国が好きであったりするなどの理由で、一生自分の国から出ない、そして外国や英語にすすんで触れたりすることがないという人もたくさんいるだろう。

 

そして、そういう人にネガティブな印象を抱くことはきっと個人がどういう環境で育ってきたかによるし、1回につき2~2.5万前後の高額なテストであるTOEFLやIELTS、そしてその教材やテストのための英語教育ビジネスに代表されるように、語学能力の習得にかけられる資金などもやはり、学生世代だとしたらなおさら個人の環境によるだろうし、それらの要素によって、非英語話者の将来の選択肢であったり、語学能力やその経済事情が原因で、あったかもしれない未来が失われることは、不本意なことかもしれない。

 

そのようなことを、英語のネイティブスピーカーである彼女が言っていたことに対して、私は非常に心を動かされた。

 

***

ここからは自分の経験にもとづくかなりの偏見も含まれているだろうが、上にのべたように、英語に限らず、語学教育を受けるという選択はおおむね決して経済的な選択ではない。

 

大学に入る前の語学学校に行く場合の学費だって、自分の国で学ぶにしろ、留学先で学ぶにしろ、何度も言うが、安くはない。

 

実際に1年すべて自費でアメリカに語学留学から大学留学をするには400万円以上かかるのではないだろうか。

 

国やその他の機関から奨学金を受けられる、一握りの生徒を除いてほぼ自費であるだろうし、大学にストレートに入ることができなかった、金銭的に危機感やモチベーションのない裕福なうちに生まれ、高額な資金をつぎ込んだにもかかわらず、やる気がなくていつまでも語学がのびない、そして試験や語学のカリキュラムなどを何か月、何年もパスできない人も少なからずいる。

 

そういう学生のイメージに代表されるように、低い語学能力がそのままその人本人の能力かと錯覚するような事例は現実にありうるし、語学能力だけでなく、その真逆である運動能力などの人間の全ての能力に通じる『忍耐力』とか『集中力』などにおける欠如も考えられるため、100%そうでないとは言い難いだろう。

 

しかし、そうはいっても根本的にはあくまで語学能力においての話であり、その人がその先にどのような可能性があり、ほかの面で能力を持っているかは、それらの結果だけではやはり測れないのだ。

 

とくに、語学能力はその人の経済事情だけでない、生まれ育った環境や、好み、先天的なものが占める部分も多く、差ができやすい分野でもある。

 

語学が高等教育とか就活の足きりになるというそれだけで、非英語話者がのどから手が出るほどほしい『英語のテストスコア』それをさも慈善事業のように、さらなる人生の発展など夢にあふれた文句とともに、ビジネスとして目をつけること、そういった世の中も背景にあることも要因だと考えられるだろう。

 

***

 

私は、副専攻の日本語教員養成課程で、アメリカに留学に来る直前まで実習生として日本語を半年ほど教えたり、語学学校を訪問したりした経験がある。

 

日本の語学学校で学んでいるひとの中には、趣味や、仕事や結婚による環境のために勉強している人のほかに、日本の高等教育機関、つまり大学や大学院などの入学をゴールとして日本語の入学試験および語学試験のため、とくに、高校卒業後に来日して日本語を学んでいる人がほとんどを占めていたことが印象的で、データでは、日本語教育自体の目的は多様化しているのだろうが、これから日本の大学などで学びたいそして仕事をしたいなどというたくさんの学習者たちと出会った。

(参考:国際交流基金 - 日本語教育

 

そして、やはり日本語の語学教育だって高額な資金が必要にもかかわらず、とくに経済的な面などで危機感がなくて、語学のレベルがいつまでも上がらないなどの問題がある学習者もたくさんいた。

しかし、あくまで日本語教員のたまごとして見る限り、様々な国から来日している、異なる母国語を話す生徒たちと触れ合ううえでわかったことは語学能力だけであり、その人自身の能力を正確に知ることができたかといったらまったくそうではない。

 

語学教育とは、先人たちそして研究者のおかげで大変よく線上カリキュラムができあがっている分野であり、例外などを覚えねばならないにしろ、必ず学習する上での決まり事があるため、基本的には、人に差はあれど『記憶力』などのいたって単純な能力を中心に、努力やかけた時間、集中力そして、なるべくその言語に触れようとする差によってできあがっていくため、ほかの運動や専門分野の勉強能力のように比較的特別な才能は必要ないように思う。言い換えると、お金をある程度かけて勉強できる環境にあるならば、語学が向上しないということは、できる努力を怠っているだけだとは個人的に思う。そしてそれはその人の今後の進路における成功にも通じるだろうし、これもまた語学能力がそのままその人の能力を反映しているように見えるというスピーチで挙げられている問題の一つの要因であろう。

 

***

時間・金銭・労力をかけはるばる来日し、日本の大学に留学したい、日本で職をみつけたいという生徒たちをみていて、うれしく思うと同時に、日本の大学で提供される教育や分野別のスキルがそれだけ高いということは単純に自分にとって改めて日本という国に生まれたことを誇らしく思ったと同時に、なぜ私は日本ではなくアメリカにわざわざ学びに行くのか、という根本的な留学のモチベーション、すぐれた研究機関、教育環境で日本の今いる大学で学べないことを学ぶんだ、というを思い出させられた。日本の大学に行きたいという学習者と向き合いながら自分はアメリカに留学にこれから行くという板挟みのなかで日本語教育にたずさわった経験は、基本的には語学能力と本人の能力は等しくない、その考えこそ私に残してくれたが、将来を決定するという人生に関わる、教育の分野で大きくビジネス化された語学教育において、非自国語で教育を受けるという選択をするうえで、語学試験と経済事情の足きりは、現時点では100%間違いであるとも正しいとも言い難い。

 

だが、全体を通して言うと、スピーチタイトルのようにどこの言葉の力が個々の環境や国で力を占めているからといって(日本なら日本語、アメリカなら英語のように)、マジョリティだからって、それが話せるネイティブスピーカーであったり、言語能力が優れているからそのひと能力がそのまま高いというのは錯覚で、へりくだることなく、自分に持っている能力で競争し、知識を共有して、高めあえる世界になればいいなと思う。

 

しかしながら、アメリカのひとりの留学生として、あくまでその過程におけるのツールである英語を磨く努力もまた、続けていきたいものだと思う。

 

Busy week

このごろのこと.

 

土曜日ですね

うちの大学ではなぜか毎週のミールプランのお金があまっても、

翌週に繰り越せないから、金曜日に使い切り

いまは部屋でスープをすすっています。

 

さて、いましがたとあるプログラムに応募したく、

1年ぶりくらいにTOEFLをうけてきました~

にしてもなんでTOEFLってあんな高いんだろ・・・

いい商売ですよね。

 

で、今朝は6時起き(はやいw)なのに

昨日は友達の部屋でDVD半オールしてしまった、金曜日だったから。

**************

 

木曜日以前の話。

 

念願かなって某日英の報道社に、個人的に出していた

インターンシップの採用通知が来て、そして

さっそく課題らしきもののやりとりをしたりと、

日本帰ったら帰ったで忙しくなりそうな予感(いい意味で!)

 

英語にはまだまだ自信ないけれど、

これで一歩やりたいことに近づけたのかな、と思うと、

わくわくします。久しぶりに明るいニュースだといえよう。

 

*****

 

アメリカにどうしても居残りたくて、

インターンシップをこっちでさがそうと思いw

(そこにいたるまでは省略)

今週はほかのことも何やら忙しかったが、

英文レジュメもずっとかいていた週でありました

久しぶりにイラレに向き合って、レジュメは

文字がメインだから、アウトライン化したはいいが文字がつぶれたり

ファイルの圧縮作業のやりかたを思い出したりする。

なぜ、イラレ作業って深夜になるんだろう。ふしぎだ・・・

 

ものすごく自由な“海外の履歴書”デザイン - NAVER まとめ

 

ところでこれかっこいい。

 

レジュメをかくにあたり、自己分析とか、自分のいままでのやったことって結構忘れちゃうし、スキルとかも、けっこういろいろそれなりにやってきたけど、誰にも負けないっていうものがないということを思い出し、ちょっぴりへこんだりして、

 

募集要項とかみてても、多くのインターン制ですら専攻○年以上とか、プロの経験とかポートフォリオやら作品の提出とか、専攻がかなりアメリカの就活では関係するみたいだけど、それを、まざまざと感じました・・・・。

 

もともと、私は英文学科だけれど、どちらかというと副専攻の日本語教育のほうがいわゆるプロ経験はありだけど、行きたい業界にはそれほど関係なく…苦しみました…

 

 

Internship Resume Template - Template for Internship Resumes

 

こんなハウツーを深夜によみあさったり、親と頼もしい友人にみてもらったり。

 

いろいろ省略したが、日本でもまだ就活してない、ゼロからの自分にとってはいまさら恥ずかしながら、やってみて学ぶことがたくさんあった1週間で、まあ良い返事ももらえたことで

 

 

結果オーライであってほしい(ほうぼうに感謝)

 

おまけ********

寮の部屋のベッドの高さを変えました。

 

f:id:midorisugama:20140413041001j:plain

 

 

この高さでPCやってます

 

広くなって電子レンジの置き場にもこまらず(前はデスクの上に無理やりおいていた)

とても快適ですが、はしごがなくベッドのふちから上り下りをするしかないので、

 

トイレを限界まで我慢してしまうようになったのが困ったことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

このごろ

先週からきのうまで、春休みだったため、

お休みのことを書こうと思います

 

グレイハウンドのバスでミズーラから15時間かけて、ポートランド州立大学にいる友人を訪ねて1人で旅行してきました。

ポートランドは全米でも人気の高い街らしく、しかしすごくうなずけました。

 

まず、

日本並みに公共交通がよく

そして

消費税ゼロ

なにより

川あり・街あり・大学があって治安がよい・・・

 

ミズーラはミズーラで、

車がないとどこにもいけないし、

不便そしてなにもないけれど、

ダウンタウンでぶらぶらしてるだけで

顔見知りの友達ができたり、

山も空もきれいで、かえがたい良さがあるとも思ったり、

いろいろ比べたりできて楽しかったです。何よりバスが10分に1本くるなんて。。。

 

 

留学先に選んだミズーラというチョイスも正解だったけれど、

ポートランド、またいつか行きたいと思いました。

 

 

f:id:midorisugama:20140408144730j:plain

 

この電車+バスで移動するから、車はあまり必要なさそう。

アメリカでも場所が変わればちがうのですね~

 

f:id:midorisugama:20140408145645j:plain

 

 

思いがけず、いたるところで桜が咲いていてびっくり。

オレゴンはなぜか、桜の木がたくさん咲いているのですね

 

http://instagram.com/p/mRockDjxnS/

 

 

来年まで桜はお預けだと思っていたから、うれしかった✿

 

http://instagram.com/p/mR0SoGjxgJ/

 

PSUことポートランド州立大学!

キャンパスが、まちなかにあって、日本で言うと、明治大学みたいなかんじかな?

自分のミズーラのモンタナ大学は、キャンパス!って感じの敷地に

大学のビルも寮もあるから、

ダウンタウンからいきなりキャンパスがあってびっくりしました

路面電車もバスもでているし、都会の大学ってかんじですね

 

 

http://instagram.com/p/mUaKrLjxtE/

 

入ってみたい店がいっぱいあったよ~

 

http://instagram.com/p/mXArT4DxlT/

 

 

UNION STATIONという中心部の駅から旅が始まりました。

 

f:id:midorisugama:20140408144855j:plain

 

 

なんとかわいいおうち!

 

f:id:midorisugama:20140408144751j:plain

 

 

けっこう遠出もして、満喫しました

 

f:id:midorisugama:20140408150737j:plain

 

アートにあふれた街ってかんじで、いたる壁に絵が描いてあったり、

オブジェがあったり。

 

f:id:midorisugama:20140408150811j:plain

 

 

 

Hawthorne地区というところかな?ヴィンテージショップ、ファーマーズマーケット、クラフトショップなどなど、とにかくときめくものばかりでした!

f:id:midorisugama:20140408150835j:plain

f:id:midorisugama:20140408150914j:plain

 

 

f:id:midorisugama:20140408150959j:plain

 

Pearl Districtという地区にかわいらしいお店が密集していて

こんなポニーの置物も店頭のディスプレイに並んでてかわいかった

 

f:id:midorisugama:20140408150941j:plain

 

 

 

 

やはり旅は、長い移動中もいろいろ考えたり、

新しい場所で迷子になったりして、みたことのないものや人に会って、

常になにか残してくれて、すごく遠くに行ったわけではないけれど

発見がいろいろあって、

自分にとって旅は、これからまた次にどこかに旅にいけるようにがんばろう!

ってい、一つの原動力だなあと思いました。

大学の講義の合間をぬって、あちこち案内してくれた友人にもカンシャです!

 

ipodを忘れてしまってちょっとバスは退屈だったけど、

なんとなく自分の中で、YUKIの鳴いてる怪獣がBGMだったかな。

 

見知らぬ街で迷子になりたいだけ -YUKI 

 

アメリカでダイエット☆【後編】

http://instagram.com/p/mLysVwjxlW/

 

本日めでたく1週間にわたる脂肪燃焼スープダイエットプログラムが終了しました

 

結果、2Kgは確実に減量したので、まあ成功と言えるでしょう。

 

 

5日目からのルポ

 

5日目【金曜日・・・】

 

友人の好意にあまえ、念願のフーターズデビューを果たすわたくし・・・

 

(※フーターズ…アメリカンスタイルレストラン。ようするにおっぱい。)

 

f:id:midorisugama:20140331083828j:plain

(※お姉さんと写真が撮れなかったのでイメージ画像)

 

http://instagram.com/p/mHEyIxjxpK/

One of my dreams came true💛❤💙#hooters #diet #stillondiet

http://instagram.com/p/mIxIxoDxus/

Instagram

 

きゃーーー。楽しかったのでみなかったことにしたいですが・・・

 

所詮、カロリーは美味しさを数値化したものですので、

 

数日後に確実に私の糧となるでしょう。

 

6日目【春休み開始日】

特に予定もなかったし、フロアメイトや友人たちも皆帰省や旅行でおらず、

朝からまたもやキッチンに忍び込み(鍵はちゃんと借りたよ)スープを作って

1日ドラマ見て、昼寝して、レジュメ書いたりしてほとんど動かずに過ごしました。

おなかはすかないけど消費カロリー的にはよろしくなさそう。

 

http://instagram.com/p/mI4-fgDxtD/

 

生まれて初めて、アメリカの袋野菜を買いました。

うーん、ホントに体にはいいのかな・・・・?w

 

自分はセロリ克服したので生のままじゃなかったらいけるけれど、

このダイエットはセロリ嫌いには不可能だと思います

 

そこらへんでもらった紙コップと自前のタッパーに数日分分配・・・

 

http://instagram.com/p/mI_c3TDxoj/

さすがにそろそろ飽きてきた……。#diet #6日目

 

7日目【ダイエット最終日】

何やら不規則な時間に起きてしまい、とりあえずスープ。

本来玄米とスープと野菜ジュースの日なのですが、今日は盛大に禁を破り・・・・

 

http://instagram.com/p/mLJqE8jxqm/

#ごはんめも

 

 

と、夕飯はピザとワインを飲んでしまいました(てへ☆)

 

 

【まとめ☆】

ー完全にルール通りは無理

おなかがすいて運動ができない

―肌にはよさげ

―セロリ嫌いには無理

やはり食事はコミュニケーションなので1人で部屋でスープ食ってると鬱になる

 

・・・・、

 

まあでも、ふだんなにも考えずに食べてた人間がスープ中心に暮らしたらそりゃ、多少は減りますよね。

 

とりあえず減らした2キロをキープすべく、

来週からオリーブオイルを使ったダイエットに取り組む予定なのでぼちぼちレポートしようと思います。

 

とりあえず今日の深夜からポートランドに行ってきます~~☆(突然)

 

アメリカでダイエット☆ 【前編】

この記事を参考に脂肪燃焼スープダイエットという食事制限に取り組む運びとなったわたくし。

 

1日目はスープと野菜のみ。

 

その前に、野菜をスーパーまで走って調達したはいいが、

寮のキッチンの鍵を借り、野菜を切ってスープを作らねばならない。

これがなかなか結構めんどくさいし、ちょっと恥ずかしい

寮住まいの不便さを痛感する。

 

そう、私の部屋はベッドと棚と机がそれぞれ2人分しかなく、

もちろんトイレシャワーなどの水道設備は共同なので、

寮の最上階にあるキッチンで調理しなければならないのである。

 

f:id:midorisugama:20140330065252j:plain

f:id:midorisugama:20140330065259j:plain

 

 

かっこいいRAに野暮な鍋を借りるさまを見られたら、恥ずかしいではないか。

 

 

(レジデント・アシスタント=寮の監督生みたいな生徒。アメリカでは生徒が主に雇われて寮の運営しているらしい。)

 

まあ、しかし本気でダイエットするならそんなことも言ってられないし、

購入した野菜をなんとかしなければならない。

 

 

というわけで大量のキャベツと玉ねぎとパプリカとセロリをトマト缶で煮込む。

 

http://instagram.com/p/l9FDEojxi9/

 

うへえ・・・味はけっこういける。。。。

 

1日目はコレ3杯と、サラダバーでとってきた野菜をたべて就寝。

あ、朝のバレエのクラスで3時間ほどレッスン。

 

2日目はスープとサラダバーの野菜とベイクドポテト(もう、とてもおいしかった…)

と、ソイラテ(砂糖ナシ)。めっちゃおなかがすくが、この時点で2キロほど落ちており痩せることを決意する。

 

3日目はスープと野菜の日なんだが

 

http://instagram.com/p/mCL9Unjxlc/

なんかポストに入ってたから食べちゃったよ〜😭ピーナッツバターチョコ…♡#おやつめも

 

 

・・・誘惑に負けた。

バレエレッスン、月曜と同じく3時間・・・・。

 

4日目はスープとバナナとスキムミルク…

http://instagram.com/p/mDzelgDxg1/

今日はバナナとスキムミルク(!?)とスープの日だよ#diet#4日目#スープダイエット

 

 

食事かんしては、アメリカでは意外と簡単に手に入るものばかりである。

スキムミルクって・・・・脱脂粉乳のことだろうか。まずくはなかった。

 

 

4日目、空腹のあまりキャンベルスープを1缶食べてしまったことは反省。。。

 

この時点で、いろいろあってもマイナス1.5キロをうろうろしている状態であった。

 

はたして私は・・・・・・!!【後半へ続く】